宇奈月トロッコ電車から立山連峰へ

黒部峡谷

こんにちは。
「きらめき☆彡名刺の作り方」を企画・運営しています
名刺デザインプロデューサー安住壮です。

翌日は宇奈月温泉からスタート。

ガイドブックをみるとトロッコ電車に
乗車しないのなら宇奈月温泉に泊まる
意味がないと書いてあったことを思いだして
黒部峡谷トロッコ電車に乗ってみました。

出発地の宇奈月から黒薙・鐘釣・欅平と
合計4つのエリアを通過して終点の欅平へ到着。

トロッコ電車のスピードは平均約16kmとの
ことなので体感的には自転車を飛ばすくらいかな。
天候によってはオープン車両がオススメです。

時間は片道80分かかるので往復だけでも160分。

そして終点の欅平にはとくに散策スポットが多く
欅平で少なくとも90分はみといた方がよいと
駅員さんにアドバイスを受けました。

宿を9時に出たとしてトロッコ電車往復と散策で
すぐ2時くらいはまわってしまうのですね。。

感覚的にはもっとお手軽なモノを
想像してましたが観光場所や時間を考えると
かなり大がかりな電車でありました。

どうりで観光客が多いわけだと。

宇奈月の温泉街の散策を合わせると
ここで1日遊べるくらいの場所なのかもです。

トロッコ電車

ただ問題は次の目的地。

この日の宿は立山の山の上、、
車で入山出来ないとのことなので
最終16時のケーブルカーの乗車が必須(汗

家族は車で爆睡でしたが
正直だいぶ焦りましたね〜

滑り込みセーフで立山駅に車を駐車、
ケーブルカーと立山高原バスを乗り継いで約60分。
標高2,400mへ向けてどんどん山を登っていきます。

ケーブルカー

無事宿へ到着したので安心はしたのですが
標高が上がるにごとに雲に覆われてしまって
日が落ちた後の外は漆黒の世界、
怖くて外を歩ける様な状態じゃありません。

個人的に楽しみにしていた雲海に沈む夕日や
星空写真は全くもって撮影できませんでした(泣
う〜ん、残念、、、

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です