みくりが池から駆け足で富山市内観光

立山連峰

こんにちは。
「きらめき☆彡名刺の作り方」を企画・運営しています
名刺デザインプロデューサー安住壮です。

ホテルの夕食時にスタッフの方より
雲海から登る日の出の時刻と方向などの
レクチャーがありました。

日の出時刻は6時50分。
富山市内の日の出時刻とくらべると
約1時間ほど遅く、早起きが苦手な方にも
やさしい御来光です(笑

予定時刻前にカメラを準備して
待ち構えていましたが、外の様子はこんな感じ。
雲が厚くて御来光にはお目にかかれず。

気を取り直して朝食後にチェックアウト。
室堂からみくりが池へ向かいます。

平日だというのに観光客が多くて圧倒されましたが、
みなさん装備というか格好が本格的!

ほとんどの方がトレッキングシューズに上下の
登山着で私の様にジーンズに長Tとカーディガン
といった装いの方は皆無(泣

ある意味浮いてます。
まー出がけにダウンベスト忘れた
私がバカだったんですけどね。。

寒いは寒かったのですが
我慢出来ない程ではないのでみくりが池へと向かいます。

このみくりが池って細田守監督の映画
「おおかみこどもの雨と雪」の舞台だったんですね。

何年か前に映画は観ましたが
あらためて調べてみると映画と現実世界が
忠実すぎて驚きました。

みくりが池

本来であれば周りを散策するのがいいのでしょうが
天候と時間の都合で下山することに。

行きと同様に高原バスとケーブルカーを
乗り継いで立山駅へ戻り、車に荷物を詰め込んで
富山駅へと向かいます。

富山駅への道中にふと白い鳥居が気になって
寄り道して調べてみたら雄山神社前立社壇とのこと。

先ほどまでいた立山頂上には峰本社があったのですが
今回は見送ったので偶然とはいえ参拝がかなったわけです。

雄山神社

雄山神社参拝後は富山市内でお土産を購入し
名物だという白えび天丼をいただきました。

白えび天丼って初めてだったのですが
ちょっと小ぶりの白えびを丸ごと天ぷらにした
天丼でサクサクと美味しくご飯もすすみます。
ちなみに写真は店舗のオブジェです(笑
さすがにこの量は食べられませんね〜

白えび天丼

さーてあとは地元の仲間に「ます寿司」を
買って帰るとするかって感じで富山遠征もおしまい。

富山県って普段なかなか積極的に行く感じが
ないんですけど、海に山にとスポット満載でありました。
もう少し時間をとってゆっくり過ごすのがベターですね(^_^;)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です