自分で自分を認めること



こんにちは。
「きらめき☆彡名刺の作り方」を企画・運営しています。
名刺デザインプロデューサー安住壮です。

子ども達の夏休みも終わり、
地元仙台では驚異的とも言える猛暑が
続いた日々も終わりを告げつつありますね。

しっとりと雨が降る平日午前中の
きらめき☆彡名刺カフェオープンでした。

その時タイミングで集まってくれた
参加者の中で何となーくテーマっぽい
ものが見えたりするのですが、

今回のテーマは自分で自分を認めること。

このテーマに関しては
まったくもって私自身も陥りがちで、

自分はまだ努力不足だし勉強不足で
経験不足、足りないことばかり…

何をやるにしても始めるにしても
「まだ、その時ではない!」と
一時大流行した妖怪の決めゼリフを吐く感じ

どのくらい努力すれば十分なのか?
どれ程の量の勉強をすれば十分なのか?
そしてどんな経験を積めばその時がくるのか?

それは誰にも分かりません。

だって基準はない訳だし答えは一つで、
どのくらいの量と努力、経験でもOK(笑

誰でも自分の枠内で上手に出来る範囲の
物事だけをこなしていくのはラクなので

自分の苦手意識のある枠外の物事に
対しては突発的に防御本能が働いてしまい、
出来ない、やらない理由を探しがち。

自分の日常の枠から飛び出して
違ったステージや生き方や表現をしてみたい。

と考えながらも自分自身で
そんなイメージにリミッターをかけてみたり
と真逆の行動をとったりします。

よく著名な方の講演会やセミナーに参加して
イマジネーションが駆け巡ったものの、
翌日にはいつもの自分に元通りってやつですね。。

CMG·ひらめきメソッドを使って
表現した「ことば」と「おもい」は
参加者それぞれが紡いだもの。

ほかの誰かにプロデュースされた
ようなものじゃなくて
そのまま素のあなたなんです。

だからこそあなたの人生の中の
貴重な2時間半をつかって
紡ぎ出した「ことば」と「おもい」に
大いに自信をもって欲しい。

そしてあなた自身そのものを
「いつもありがとう」と認めてあげて、
大いに誉めてあげて欲しいと思います。

あなた自身の本質というものを考えたとき、
意外かも知れませんがあなたが考えている
よりもずっと周りの人には伝わっているもの。

日常で何気なく伝わるメッセージを
お世辞や社交辞令と決めつけずに
時にはもっと腹に落とすことも大事。

ネガティブな感情もポジティブなイメージも
あなたを構成している大事な要素であって
どちらが良くてどちらが悪いわけでもないんです。

一元的に考えると、まるっと合わせて
あなたというひとりの人格や魅力を構成してく。

それがギャップとなり、ひとりひとりの個性を
表してその人自身を輝かせるんだと思うわけです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です