チラシ・広告における自己開示

こんにちは。
「きらめき☆彡名刺の作り方」を企画・運営しています
広告会社ASSORTの安住壮です。

今回は「チラシ・広告における自己開示」
についてあなたにお話ししたいと思います。

あなたは自分の商品のチラシや広告の原稿だったり
デザインを考える時にどんな作業をしますか?

今はインターネットですぐにあらゆる情報を
知ることが出来てしまうのでグーグルで
競合店や同業のチラシや広告、ホームページ
などをリサーチする方が多いと思います。

もちろん市場の状況や反応をざっくりと
グーグルで検索・リサーチすることは
必要かもしれません。

ただ、そこで終わっていませんか…?

そう。大半の人はそこで終わってしますんです。

グーグルで検索・リサーチした情報を
ベースにしてあなたの商品や事業の
チラシや広告の原稿を作成する。

ここで終わってしまうのは本当にもったいない。

ネット上の情報をベースにしていたのでは
「ありきたり」な「つまらない」「どこにでもある」
チラシ・広告・デザインしか出来上がってはきません。

「じゃあどうすればいいんですか?」

という声が聞こえてきそうですので
ご説明しますね。

チラシだったりパンフレットだったりといった
あなた自身の広告にあなたの濃厚な色をを出すのです。

これが「チラシ・広告における自己開示」。

例えば感情だったりあなただけの言葉だったり
あなたや商品の写真であったり、あなた独自の
手法やテクニックといったものを出していく。

もちろん全てをさらけ出せという事ではありません。

自分の出せる範囲での自己開示でも構いません。

ただ、その工程を踏むことによって
チラシ・パンフレットといった広告やデザインに
小さな命が芽吹きます。

誰ひとりとして同じ人間が居ないように
どこにもないあなただけの商品やあなた自身を
アピール出来る最強のチラシやパンフレットなどの
広告が出来上がるのです。

チラシや広告も最終的には人と人の関係を
結びつけるモノ。

感情や言葉が魅力的なチラシや広告だったら
つい手にとって見てみたくなりませんか?
そしてその商品を扱っている人と会ってみたく
なりませんか?



 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です