心の扉を開くカギ

こんにちは。
「きらめき☆彡名刺の作り方」を企画・運営しています
広告会社ASSORTの安住壮です。

今日はあなたに「心の扉を開くカギ」に
ついてお話ししたいと思います。

「心の扉を開く」ってなんだか
ありがちなキーワードですよね(笑

書店の自己啓発コーナーにある書籍の
タイトルにでもなりそうな臭いがプンプンします。

そういった事はひとまず置いておいて
あなたが一人企業などの小規模企業で
チラシ・広告・ウェブでの集客に悩んでいるので
あればぜひ最後までお付き合いください。
何かのヒントにはなるはずですので。

さて一人企業や小規模企業を運営していくのに
必要なものをひとつあげてください。
と質問したら、あなたは何と答えますか?

・人脈
・お金
・仕事のノウハウ
・社員
・外注業者

などなど
いろいろと項目はあがってくるとは思いますが
あえて最初のひとつということになると
私は「売上」だと思っております。

至極、当然すぎる答えでつまらないかもしれませんが
例えばあなたが独立起業を考えていたとします。
人脈やお金、仕事のノウハウを持っていても
初月売上がみえていなかったら不安で仕方が無いですよね?

というか独立起業すらできないかもしれません。

心の扉を開くカギ

一人企業や小規模企業を運営していく
うえで欠かすことの出来ないものは
毎月の売上をたててくれるクライアントと繋がること。

そしてそのクライアントに定期的にあなたの商品を
提供して対価をいただくことが必要になります。

あなたのお客様になるかもしれないクライアントとも
それが営業であるかもしれませんし知人からの紹介で
あるかもしれませんが最初は「出会い」から始まります。

出会っただけではお仕事は発注いただけませんので
そこからは信頼関係を構築していく必要がありますね。

リアルのやり取りであれば商談を重ねて。
ウェブ上でのやり取りであればメールやメルマガ、SNSを通して
お互いの信頼関係を構築していかなくてはなりません。

そしてその過程において大事なことは「心の扉を開く」こと。

今回はその「心の扉を開く」コツをポイントごとにお話ししましょう。

1.安心

出会った未来のクライアントと信頼関係を構築するためには
まず安心させてあげなくてなりません。
安心させてあげる一番のコツは「不安」を取り除いてあげること。

特に金額面や難易度、時間に関して説明して相手の不安を
取り除いてあげましょう。なぜならば人は「お金のかかること」
「難しいこと」「時間のかかること」を最も警戒する傾向があるからです。

2.本音を伝える

未来のクライアントになるかも知れないお客様を安心させることが
できたら、次にあなたの「本音」を伝えましょう。
あなたの商品を十分説明し、相手の不安を取り除けたと感じたら
あなたの本音を伝えてください。

あなたの商品を説明しただけで終わってしまっては「ただのいい人」。
「ただのいい人」で終わらないためにもキチンと相手に
自分と取引をして欲しい旨を伝えましょう。

3.何故ならば

あなたの本音を相手に伝えたら、何故あなたなのか?
その点を明確にしていく必要があります。

あなたの強みや相手の悩み、お互いの特性を理解して
もらった上で何故あなたが相手の悩みや問題点を解決できる
のかを説明してあげてください。

上記の3つのステップを踏むことで
あなたは未来のクライアントと取引できる可能性が
グーンとアップするはずです。

もしかすると相手によってはステップ1で
安心を伝えることが出来ないかも知れない。

はたまたステップ2で本音を伝えた後に断られる
かも知れない。

それはそれで仕方が無いのです。

時間は有限なのですから。

回転率をあげて未来のステキなクライアントとの
関係を築きあげてください。



 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です