名刺づくりのツボとコツ(実践編)

こんにちは。
「きらめき☆彡名刺の作り方」を企画・運営しています
広告会社ASSORTの安住壮です。

今回は個人事業主や一人起業家、小規模会社経営者が
自分で名刺を作る際に最低限、押さえておきたい
魅せ方のツボとコツの実践編をお伝えします。

前回は自分で名刺を作る前の
思考のプロセスの部分をお伝えしたので
それをふまえて実践に取り組んでみてください。

名刺のデザイン作成する際に考えはくては
いけないのは大きく以下の5項目になります。

1.形は縦型にするのか?横型にするのか?
2.色はモノクロなのかカラーなのか?
3.どんな情報を入れ込むのか?
4.レイアウトはどうするのか?
5.フォントは何を使うのか?

何もそんなに難しく考える必要はありません。
この5項目をキチンとおさえればあなただけの
ステキな名刺が出来上がります!
では順を追ってご説明していきますね。

1.形は縦型にするのか?横型にするのか?

縦型か横型の名刺を考えた際にオーソドックスで
読みやすく比較的作成しやすいのは横型の名刺になります。

後述しますが作成する際のレイアウトの自由度が
縦型よりも広いこと。横幅があるのでフォントの
大きさも縦型より横型の方が自由に選びやすい
という理由が主な理由です。

しかし一般的に横型の名刺が多いのでそこは
あえて縦型で作成したいというアグレッシブな
あなたは是非挑戦してみてください(笑

名刺づくりのツボとコツ(実践編)

2.色はモノクロなのかカラーなのか?

色ですがモノクロよりはカラーをオススメします。
ですが色を何色も使いすぎるとまとまりが無く
乱雑で素人臭くなってしまうので2色か3色程度に
抑えるのがベターです。

色選びですが2色であればクロ+他の色は比較的
選びやすい傾向がありますが、3色の場合は同系色の
2色と差し色に反対色を使うと色に締まりが出てきます。

名刺づくりのツボとコツ(実践編)

3.どんな情報を入れ込むのか?

名刺に入れ込む情報については諸説ありますが
私の考えとしてはあまり多くの情報を盛り込まない
のがベターだと考えております。

名刺という小さなカードの中にそんなに情報は
入りませんし、そんなにごちゃごちゃと情報が記載
されている情報は読んでもらえません。

まずは名刺をもらった人の目線で考えて
入れ込む情報を精査しましょう。

4.レイアウトはどうするのか?

横型の名刺をベースとするとレイアウトは
大きく分けてセンター揃え、左揃え、右揃えの
3パターンに分類されます。

オーソドックスなのはセンター揃えですが
最近だとわりと大きな企業でも右揃えや
左揃えのレイアウトを取り入れている場合があります。

情報を右揃えや左揃えにして空いたスペースに
上手く会社の屋号やご自身の写真を入れ込むと
まとまりがよくなります。

ここは完全に感性の部分になりますので
あーだのこーだの考えてみてください(笑

名刺づくりのツボとコツ(実践編)

5.フォントは何を使うのか?

フォントの種類はなるべく1つか2つに統一しましょう。
そしてフォントの種類もあまり遊びのないものがベターです。
ただし、あまりかっちりしすぎるとお役所職員の方の名刺と
代わり映えがしなくなるので要注意ですが…

地味と感じるかもしれませんがゴシック系か明朝系の
フォントに絞ってサイズの大小でメリハリをつけていった
方が最終的にはまとまりがよくなります。

総括

ポイントを5つに絞ってお伝えしてきましたが
名刺をデザイン作成する際に一番気をつけなければない
一番重要なポイントは名刺を渡された側の目線でデザインすること。

決して独りよがりの名刺になっていないか
身近な第三者に確認をとりながら作成するのがよいですね。

屋号と名前だけでネームプレート状態の名刺とか
自己紹介や業務内容が満載すぎてギチギチの名刺とか
もらったことってありませんか?

どうでしたか?…

上の例だと既に誰だか記憶の彼方ですよね?
そして下の例だとほぼ間違いなく内容を読みません。
文字が小さすぎて読めない場合もあります(苦笑

常に相手目線で情報は盛り込み過ぎず、少なすぎず。
このバランス感覚が重要です。

自分でやってみたけど上手に出来なかったとか
是非、名刺づくりについて相談したい。
といった個別のオファーも喜んで承ります。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です