仕事を断る=発展&豊かさ?

こんにちは。
「きらめき☆彡名刺の作り方」を企画・運営しています
広告会社ASSORTの安住壮です。

あなたは「下請け」っていう言葉の響きに
どんなものを想像しますか?

おそらく、大半の人は良いイメージは
もたないかな〜?と思います(笑

「下請け」「孫請け」とか
どんどん利益が減って納期が短くて
キツイ仕事、、、

一般的にはそんなイメージですね。

リアルで近しい人は知っているのですが
私のクライアントさんは個人の方や、
一般的な企業のほかに広告会社の下請け
デザイン制作もやってたりします。

先日ある会社からの下請け依頼で
企業パンフレットの発注がありました。

仕事のボリューム、予算、テイストなどを
加味したとき、私の心は
「これはちょっと厳しいな…」と
つぶやいていましたが、、、

取引先との今後の関係性などが
頭によぎってしまって
その仕事を請け負いました。

いつもはこんな仕事もソツなく
こなすのですが今回はまるでダメ(泣

いろいろ突発的な不確定要素&
事件は勃発したものの
それは言い訳にはならず(苦笑

結果としてその仕事は
他の業者さんへ流れたあげく
取引先にもパートナーさんにも
迷惑をかけることになりました。

161209_225x300

個人事業や一人起業で発展し、
豊かになっていくためには重要なこと。

それは
誰とでもどんな企業とでも
対等に対峙していくということ。

そう考えると
仕事を断るということは
ごく自然なことなんですよねー(^_^;)

自分の心に正直に
マイナスな気持ちで取り組む仕事で
発展はないし豊かにもなれません。

昨年、ある方に教わった言葉があります。

自分で何件仕事をキチンと断れるかが重要

当時はまだピンと来ませんでしたが
もしかしたらこういう事だったのかも
なんて思った師走の一日。

4年目でまた初心に戻ります(笑

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です