専門家の「普通は…」を信じてはいけない理由

こんにちは。
「きらめき☆彡名刺の作り方」を企画・運営しています
名刺デザインプロデューサー安住壮です。

突然ですが取引のある
業者さん(専門家)の方に

・普通はこんなことはしない
・普通に考えたらこういう入れ方はない
・普通のお客さんはやらない

普通は普通の普通に、、、、、、

あなたもこんなこと言われたこと
ないですか(笑

このブログを読んでいる方は
ご自分で起業し事業を行っている方か
これから起業しようと思っている方と仮定して

あなたも何かしらのビジネスを
営んでいる以上、
何らかの専門家(プロ)なわけです。

だけど全てに精通している訳ではない。

そりゃ、世の中にはいますよ。
何でも専門家顔負けの知識と能力を
兼ね備えた方々が。

でも私を含め大半の人は違いますよね。

ある分野では経験と実績、知識と能力を
兼ね備えていても他のことは
その道の専門家にお任せ。

その専門家が放つ「普通は」という
禁断のキーワード(笑

従っちゃうのは仕方がない。

でも考えて見てください。

・普通ってなんなのか。

とくに日本人が弱いと思われる
「普通」「安定」といった
禁断のキーワードは要注意。

へたするとあなたのビジネスを
減速させかねません。



取引のある専門家のレベルも
重要な要素になってきます。

だってレベル10の専門家の普通より
レベル77の専門家の普通の方が精度が
高いし。レベルが数値化できれば(笑

それでもやっぱり
普通は普通なのかも。

だって「普通」や「安定」じゃ
満足できないから自分でビジネスを
始めたわけだし。

もちろん全部が全部じゃないですよ。
法的なことなんかはルールを
遵守しなきゃなりません。

なんでこんな事を言うかというと、
たまたま昨日のらめき☆彡名刺コンサルで
この話題で盛り上がったんです。

そもそも自分でビジネスやってたら
普通じゃ続けていけないし、
そんなあなたが普通にしてたら
だめなわけです(クドイな~)(苦笑

画像はあえて普通じゃない宇宙人。。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です