一人起業と解釈力の関係

ひとり起業家と解釈力の関係

会社員とは違って一人起業や個人事業主の場合、日々起こる出来事に対してどんな解釈や意味づけをするかがとても重要になってきます。何でもプラス思考に考えるとかいう話ではないのですが、起こった出来事に対してどんな解釈をして次の行動へとつなげていくか。日々その積み重ねです。

プライベートナビセミナー開催

先日1回目の「プライベートナビセミナー」を開催しました。セミナーといてもプライベートとつけているので1対1です(笑)参加者の方は山形県でリフォーム業を営んでいる小規模会社経営者の方でした。

一人起業の確定申告

ひとり起業家の確定申告

マインド的な部分になってくるかもしれませんが納めるものは小細工せずにキチンと納める。といったスタンスだと自ずと経費計上できる自己投資的な部分もみえてきますしそれに伴ったお仕事の発注もいただけるようになります。

名刺づくりのツボとコツ(実践編)

名刺づくりのツボとコツ(実践編)

名刺をデザイン作成する際に一番気をつけなければない一番重要なポイントは名刺を渡された側の目線でデザインすること。決して独りよがりの名刺になっていないか身近な第三者に確認をとりながら作成するのがよいですね。

名刺づくりのツボとコツ

名刺づくりのツボとコツ(思考編)

今回は個人事業主や一人起業家、小規模会社経営者が自分で名刺を作る際に押さえておきたい魅せ方のツボとコツをあなたにお伝えしたいと思います。個人事業や一人企業、
小規模会社を経営をしていく際の名刺はあなた自身を表します。名刺という小さなカードの中にあなたの魅力を存分にかつシンプルに盛り込まなくてはないのです。

ひとり起業家の名刺

過去に起業家の交流会に行ったときにも感じたのですが、世の中の独立したての一人起業家や個人事業主の大半は名刺作成も含めて、すべて自分でやってしまいがちじゃないですか?そこであなたに間違って欲しくないのは「名刺づくり」

言葉の力を売上に変える

言葉の力を売上に変える。

あなたは自分、自社がどんな商品を売っているか明確に説明できますか?あなたのお客様がどのような悩みを持っているのか説明できますか?あなたは自分、自社の強みが何であるのか明確に説明できますか?私の経験上、自分や自社のチラシ・デザインなどの広告作成を相談されるお客様の大半の方は上記の説明が明確にすることが出来ません。

心の扉を開くカギ

心の扉を開くカギ

一人企業や小規模企業を運営していくうえで欠かすことの出来ないものは毎月の売上をたててくれるクライアントと繋がること。そしてそのクライアントに定期的にあなたの商品を提供して対価をいただくことが必要になります。

色の力

色の力を味方にする。

無難なところを選択する真理は全てに共通してくるということ。チラシや広告などのデザインにしても当てはまります。無難なありきたりの表現や色と構成だけでは誰も目を留めてくれないのです。あなたの個性と強みを存分に表現していかなければ。