ストーリー

5 posts

きらめき名刺カフェ

ことばを紡ぐということ

年が明けて2回目のきらめき☆彡カフェとなりました。リクエストをいただいて「名刺編」にての開催。今回も素敵な方々が、それぞれのことばで悩みながらも饒舌に自分の人生を紡いでいかれました。

linolino安住真生子

名刺のカタチは形にとらわれるべからず

きちんとした、あなたの伝えたいメッセージやコンセプトに基づいているのであれば定型の名刺サイズにとらわれる必要はありません。すべてはあなたのイメージや想い、ストーリーをいかにして伝えるか。

アウトプットは広告である

あなたはアウトプットって広告と似ていると思いませんか?私はアウトプットって自分で自分を広告宣伝することに似ていると思います。私たちは日常生活の中だけでも現代社会では多くの情報をインプットし続けています。本当に必要な情報もあれば全く必要でない情報もあるかもしれません。ただ全ての情報を永久にため込んで行くことはできません。

物語(ストーリー)の力を最大限に活かす。

このブログは個人事業主、一人起業家、ショップ経営者、講師などご自分で仕事をされている方を対象に書いています。「見込み客にとって役立つ情報」でなければチラシや広告に載せられないし、なんて考えいませんか?そんな考えからは「ありきたりの」「目にもとまらない」キャッチコピーしか出てくることはないでしょう。

個人へのメッセージを意識する。

ドラマや映画の脚本を書くかのように一人の想像の個人があなたの商品を手にしてとても喜んでいるストーリーを創りあげるのです。そして乱雑でもよいので紙に書き出してみましょう。もし移動中でしたらスマートフォンのメモ帳やEvernoteなどでも良いかも知れませんがわたしはなるべく手で書き出すことをオススメします。